診療内容

  1. ホーム > 
  2. 診療内容
  3.  > 
  4. 診断内容

診断内容

最新の検査機器による診断

ハイビジョン内視鏡システム上部・下部消化管内視鏡検査は最近、急速に進歩しています。
当施設ではハイビジョン電子スコープを導入し、NBI拡大内視鏡検査により極めて早期の癌が発見されています。


内視鏡保管庫ハイビジョン対応の高画質精度と拡大機能を備えたハイビジョンスコープは早期胃癌の発見、ピロリ菌感染、胃炎の発見に効力を発揮します。
加えて出血などの処置が可能である点など経鼻内視鏡と比較するとその性能に一線を画しています。


超音波診断装置内視鏡洗浄機すべての内視鏡機器は消化器内視鏡技師会の消毒ガイドラインに沿って管理され、患者様お一人の検査ごとに消毒し使用されます。

ページのトップ

特殊な光を出す内視鏡 = NBI内視鏡 ~ 咽頭癌、食道癌の早期発見のために ~

従来はほとんど進行癌で発見されていた咽頭癌や食道癌の早期発見に効果的な検査が、特殊光内視鏡検査です。特殊光内視鏡検査とは、2つの異なる波長を強調させた光を発する内視鏡を用いた検査で、NBI内視鏡検査といわれています。
初期の癌は血管から栄養補給をするために、病変部に多くの血管が集まり易くなります。NBI内視鏡は、これまでの光では見なかった癌の毛細血管や、粘膜模様などを強調して映し出すことができます。このNBI内視鏡は拡大内視鏡と併用することでさらに効果的です。
少量の飲酒によって顔面が紅潮する現象をフラッシング現象と言いますが、アルコールの第一代謝産物であるアセトアルデヒドが蓄積し易い体質の人にみられる現象です。この人が晩酌を毎日続けると、咽頭・食道癌の高危険群になります。この人達はNBI拡大内視鏡検査の最もよい適応です。
当施設では、2004年よりこのNBI拡大内視鏡検査を導入しています。

NBI内視鏡でみた早期食道癌

診療受付時間

受付時間
09:00~12:00 ○ ○ ○ ○ ○ ○
15:00~17:30 ○ ○ ○ ○ ○ -
土曜午後・日曜・祝日は休診です。

施設のご案内

施設紹介などはこちらをご覧ください。

  • 施設紹介
  • 院外処方箋への対応

交通のご案内

〒710-0831 岡山県倉敷市田ノ上732

佐藤胃腸外科の広域地図

  • ■ JR倉敷駅よりタクシー 約7分
  • ■ JR倉敷駅より徒歩 約25分

詳しい地図を見る


ページのトップ
佐藤胃腸外科
〒710-0831 岡山県倉敷市田ノ上732 TEL.086-422-0008 / FAX. 086-424-0003

Copyright (c) 2003-2012 SATOH CLINIC All rights reserved.